×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職と資格

転職と資格、志望動機について

メニュー| 履歴書や職務経歴書 | 資格を持っている | アピールポイント |

アピールポイント

アピールポイント

転職の時に気になるのは自分のアピールポイントですけど、資格に関してもないよりはあったほうがいいですが、資格がなくてもそれほど気にすることはありません。

当然のことながら、資格があるに越したことはありません。ただ、弁護士や公認会計士、税理士や医師などを別にすれば、資格が絶対的な効力を持っているわけじゃありません。資格さえあれ就職や転職は100%希望が叶うというわけではありませんからね。

就職や転職に役立つ資格も多いのですけどね。どれがいいのかはしっかり調べてみないといけません。

資格を持っていれば就職や転職の際に有利になるでしょう。でもそれは入社するまでの話です。入社したあとは実際の仕事で自分の能力を示していかなければなりません。

新卒の人を採用するときは人柄や熱意や学歴からその人の可能性を評価するのでしょう。転職・中途採用の場合は、即戦力として使えるかを重視するのでしょう。

採用する会社の方は、あなたの職歴を見て、スキルや実績を分析することでしょうね。そして職場の雰囲気に溶け込めるかどうかは人柄を見ようとするでしょう。チームに向いているかどうか。

求人広告に出ている募集要項では情報は少ないとはいえ、まずはこの募集要項をしっかりみてみるべきでしょうね。そうするといろいろ疑問がわいてくるでしょうから、それをネットで調べてみる。それでもわからなければ採用担当者にメールや電話で質問してみるのがいいでしょう。それだけで一歩抜きん出ることができそうです。

企業もあなたの情報を分析してきます。企業側は多くの履歴書や職務経歴書を見ていますから、書類を見ただけでこの人が、自分たちが採用したい人材なのかはすぐにわかります。それは、自分たちが求める人材を判断するチェックポイントを理解しているからです。

企業は履歴者や職務経歴書を見つつ書類選考するわけですが、この書類選考が最大の難関かもしれません。だって、この段階でいっぱい落とすでしょうから。転職活動では履歴書や職務経歴書は大事になってきますね。志望動機もしっかり練られたものでなくてはなりませんね。

最後に就職転職についてまとめてみることにします。

就職や転職に必要なのはまずは情報収集ですね。最初に自分に関する情報をいろいろ整理してみる。それから就職したい業界や業種、職種、そして企業について情報収集してみる。その過程で次第にどんな会社どんな職場に就職・転職すればいいか、イメージが出来上がってくるのだと思います。それが成功する就職・転職活動の第一歩かと思われます。

[PR]ケアマネ 試験在宅ワーク

お施餓鬼/ゼーレに乗っ取られました/うー/'就職'活動/Java 36時間目!/あらためまして。/熱いぜ!!/おひさ〜^^;;/果てしない夢を