×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職と資格

転職と資格、志望動機について

メニュー| 履歴書や職務経歴書 | 資格を持っている | アピールポイント |

資格を持っている

資格を持っている

求職をする場合に資格を持っているのと持っていないのとでは大きな差が出るのかと思いきや・・・それほどでもないようです。まあ、資格によって差がついてしまうのは確かですけど。

就職や転職において、資格はもちろんないよりはあったほうがいいのですが、絶対ではありません。それに資格が就職後の仕事のよしあしを決定してしまうものでもありませんし。たとえ資格がなくともそれまでの職歴やスキル、また経験がなくとも熱意や人柄は面接などで評価されるものです。

資格には国家資格から一企業が認めるものまでいろいろありますけど。

確かに資格には利点があります。でもそれは就職するまでの話であることが多いようです。就職してからは結局のところ実力が問われるというわけですね。

転職で採用されるという場合は、中途採用ということになりますから、ある程度の職務経験を要求されるでしょう。その点、新卒採用の場合は可能性を見てもらえるので気楽といえそうです。

採用する側の企業としては、採用基準をきっちり決めているわけです。あんな能力、こんなスキル、という具合に。それに当てはまらない場合は何でカバーできるかも採用基準として練られているのでしょう。

履歴書や職務経歴書などの書類を審査してもらうことももちろん大事なんですが、応募を検討している段階の情報収集も大事です。企業側が何を求めているのかをしっかり理解して臨むなら、始めから採用の可能性のない企業に応募することもなくなるでしょうから。履歴書や職務経歴書を作る前に情報収集ですね。

順番としては自己分析や業界・企業に関する情報収集をしてある程度転職先についてのイメージができてきたところで求人広告などの募集要項を目にする。「これだ!」ということで履歴書を書き始める、ということになるでしょうか。

あなたは企業の情報を集めますね。企業もあなたの情報が欲しいわけですが、それはまず手始めに履歴書や職務経歴書ということになります。書類審査というわけですが履歴書は職務経歴書であなたの情報を分析して採用候補に入れるかどうかを決めます。

履歴書や職務経歴書、自己PR文書をかんがみつつ採用担当者は書類選考をしていきますが、ご存知の通りここで思いっきり落としていきます。だってそんなにたくさんの人と面接できませんから。ということは就職や転職においては気楽に見える書類選考こそ最難関であると言えなくもありません。

就職転職は結局のところどう考えればいいのでしょうか。

就職や転職をする場合は志望動機がはっきり固まっていないと、就職・転職活動のすべての段階で自分の言動に信念がこもらないことになります。基礎が軟弱であるということですね。これでは就職・転職活動のすべての段階で成功の可能性を減じてしまうことになります。まずは自己分析をしっかりやって、それから起業や仕事に関する情報を集めることが必要でしょう。そこから確固たる志望動機は出来上がってきます。

[PR]中古車 買取り中古車 買取り