×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職と資格

転職と資格、志望動機について

メニュー| 履歴書や職務経歴書 | 資格を持っている | アピールポイント |

履歴書や職務経歴書

履歴書や職務経歴書

資格があれば就職や転職のときに心強いアピールポイントになることは確実です。しかし履歴書に書けるような資格がなくともそれほど心配する必要はないようです。

当然のことながら、資格があるに越したことはありません。ただ、弁護士や公認会計士、税理士や医師などを別にすれば、資格が絶対的な効力を持っているわけじゃありません。資格さえあれ就職や転職は100%希望が叶うというわけではありませんからね。

まあ仕事に使える資格といっても色々ありすぎて迷ってしまうのですけど。

資格のメリットは当然ありますけど、それは入社するときだけということも多いようです。入社したあとはあくまで実力勝負であるということになりますね。

新卒の人を採用するときは人柄や熱意や学歴からその人の可能性を評価するのでしょう。転職・中途採用の場合は、即戦力として使えるかを重視するのでしょう。

採用する側の企業としては、採用基準をきっちり決めているわけです。あんな能力、こんなスキル、という具合に。それに当てはまらない場合は何でカバーできるかも採用基準として練られているのでしょう。

新聞などの求人広告に書いてあるのは、せいぜい募集したい人間の年齢、職種、それに大まかな年収ぐらいのものですからもっと企業のことを知り、その時点できちんと戦略を練ることで他の方との差が出てきます。

会社は数多くの履歴書や職務経歴書を見なければなりません。だから会社ごとに特定のチェックポイントがあるのでしょう。それを基にしつつ、会社はあなたに関する情報を分析します。書類審査の段階ですから、分析、というか軽く見るだけで捨てられちゃうものもあるかもしれませんけど。

企業が重視するであろうポイントを履歴書や職務経歴書がクリアしていれば書類選考は通ります。転職となると履歴書や職務経歴書というものが非常に大きなウェイトをしめます。転職活動では書類選考が最大の難関でしょうが逆の見方をすれば、書類選考を突破することで転職活動はまずまず成功したといえることでしょう。

転職。リスクは当然ありますが人生を変えることもできます。

自分は転職しないから転職のことなんて知らなくていい、そう思う人もいるかもしれませんが、現代社会で一つの会社に頼るということは非常に危険なことです。昔とは違ってサラリーマンを消耗品としかみていない会社が多くなりましたから。一つの会社に頼っていると追い詰められてしまう結果になります。鬱病や自殺が多いのはそれを示しているのでしょう。自分を守るための知識武装が必要です。

[PR]リゾート バイト足痩せ